尾瀬の花ごよみ

尾瀬の花 (ア〜オ)

植物名 花期 説明
アオヤギソウ 7月中旬〜8月中旬 山地の林の下や草原に生える(至仏山) 花の色 黄緑 草丈 50〜100cm(ユリ科) アオヤギソウ(青柳草)の青は花の色(緑)で柳は葉の形から命名。根茎部にショロ毛のような毛をかぶっている。
アカミノイヌツゲ 6月中旬〜7月中旬 森林内や高山帯の茂みに生える(尾瀬ヶ原) 花の色 白 木の高さ 約1.5m (モチノキ科) イヌツゲとはツゲのように役に立つ木ではないということアカミとは赤い実をつけるという意。
アケボノソウ 8月中旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 白(リンドウ科) 花の色を明け方の空とし花冠の細点を暁の星にみたてアケボノソウの名が誕生。
アズマシャクナゲ 6月上旬〜7月上旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 淡紅色(ツツジ科)白花のものはハクサンシャクナゲという。
イヌエンジュ 7月中旬〜8月中旬 山地に生育する植物(尾瀬ヶ原) 花の色 黄白色 木の高さ 3〜4m(マメ科)エンジュに似ているがエンジュより品がないので”イヌ”をつけられた。葉は奇数状複葉,小葉は3〜5対。
イワアカバナ 7月中旬〜8月中旬 燧ケ岳のふもとや尾瀬ヶ原の湿地、湿性草原に生える多年草(尾瀬ヶ原) 花の色 淡紅(アカバナ科)
イワイチョウ 6月下旬〜7月下旬 高山帯の湿性草原に分布(至仏山・尾瀬沼) 花の色白草丈15〜40cm(リンドウ科)葉がイチョウに似ていて岩地に生えているところから命名。 花冠は深く5つに裂け、ふちにはしわが多く中央には縦のひだがある
イワナシ 7月上旬〜7月下旬 地面に伏す常緑の小低木(尾瀬ヶ原) 花の色 紅紫(ツツジ科)
イワシモツケ 7月中旬〜8月上旬 日当たりの良い山地に生えている(至仏山) 花の色 白木の高さ 1〜2m(バラ科)枝先に多数の小さい花を群生させる。こうした花のつき方を散房花序という。
イワショウブ 7月下旬〜8月下旬 亜高山帯の湿原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 白 草丈 20〜40cm(ユリ科)花軸の上部に、ねばねばした腺毛が多数あり小さい虫はくっついて死ぬ。が食虫植物ではない。
ウメバチソウ 8月中旬〜9月下旬 山の日当たりの良い湿地に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼)花の色白草丈10〜40cm(ユキノシタ科)花の形が家紋の”梅鉢”に似ていることから命名。根生葉の間から花茎を伸ばして、その頂に白い花を1つつける。
ウラジロヨウラク 6月中旬〜7月中旬 湿原の各所に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 淡紅色 木の高さ 1m内外(ツツジ科) 落葉低木で葉の裏は緑白色をしている。筒状鐘形の花を枝先に4〜10個、下向きにつける。
ウワミズザクラ 5月下旬〜6月下旬 山地に生える落葉高木(尾瀬ヶ原) 花の色 白 (バラ科)昔占いをするとき、この木に溝を掘って使ったところから命名。白い穂のようについた花の下に4〜5枚の葉がある。おしべが花びらより長いのが特徴。
エゾウサギギク 7月下旬〜8月下旬 高山帯の岩場付近の草地に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 黄色 草丈 15〜35cm(キク科)茎のいただきに、ひとつの花をつける。管状花冠に毛のないのが特徴で葉は対生。
エゾエンゴサク 6月下旬〜8月上旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 青紫 (ケシ科) 冬枯れの地に青紫色の花を総状に多数つける。
エゾシオガマ 7月上旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 黄白(ゴマノハグサ科)
エゾリンドウ 8月中旬〜9月下旬 湿性草原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 青紫 草丈 30〜80cm(リンドウ科) 花は茎のいただきと上部の葉の付値に〜20個ほどつきます。花冠は鐘形で、ふちは5つに裂けて水平に開く。
エンレイソウ 6月下旬〜8月上旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 褐紫 (ユリ科) 卵状ひし形の大きな葉を3枚輪生し茎のいただきに1個の花をつける。花は内花被片がない。
オオウバユリ 7月下旬〜8月下旬 高山の林の下に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 緑白色 草丈1.5m(ユリ科) 花の咲く頃には葉が落ちて(歯)がない様を姥にたとえたもの。大形草本で花は10〜20個、横向きに咲く。
オオカサモチ 7月中旬〜8月下旬 山地や肥沃な草地に生る(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色白 草丈1.5〜2m(セリ科)大形草本で葉は三出羽状複葉。大形の複散形花序(小花をつけた花茎が放射状にでている散形花序複数集まったもの)
オオサクラソウ 7月上旬〜8月中旬 多湿のところにはえる(尾瀬ヶ原)花の色 濃紅色(サクラソウ科)
オオバタチツボスミレ 5月中旬〜6月下旬 湿った草原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼)花の色 淡紫 草丈 20〜30cm (スミレ科)大形のスミレで葉はハート型又は丸いハート型をしている。 自花のおしべ・めしべの間で受粉・受精する。
オオバミゾホオズキ 7月上旬〜7月下旬 亜高山の湿地や渓流のふちに生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 黄色 (ゴマノハグサ科) 葉は対生で柄がなく上部ほど大きくなる。
オオマルバノホロシ 8月中旬〜9月中旬 湿地に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 紫(ナス科) つる性で花はナスの花によく似て紫色をしている。
オオレイジンソウ 7月中旬〜8月中旬 針葉樹林の中や林のふちに生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 淡黄色 草丈 50〜100cm(キンポウゲ科) 花の形が伶人(雅楽を演奏する人)のかぶる帽子に似ていることから命名。 カブト状の花をつける。
オゼコウホネ 7月中旬〜8月中旬 池塘に咲く花(尾瀬ヶ原 )花の色 黄色 (スイレン科)尾瀬ヶ原の池塘で発見され命名された大変珍しい花。 池のそこをはう根茎から水面に浮いた葉身までの長さは1〜3mある。 めしべの色が深紅色。
オゼソウ 7月中旬〜8月中旬 珍しい植物で日本特産種(至仏山) 花の色 黄緑 草丈 10〜20cm(ユリ科) 穂のような総状花序で細かい花を多数つける。 はじめて尾瀬で発見された植物で、それを記念してオゼソウと名付けられた。
オゼヌマアザミ 8月上旬〜8月下旬 過湿草原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色紅紫色草丈80cm内外(キク科) 尾瀬特産の多湿地(沼)に生えるアザミという意。茎の上部に数個の花をつける。この花はたくさんの花の集まりで頭花という
オゼヌマタイゲキ 7月上旬〜8月上旬 湿性湿原に生える尾瀬特産植物である(尾瀬ヶ原) 花の色 黄緑 草丈 40〜60cm(トウダイグサ科) 花のつき方は杯状花序で花序の下にあざやかな黄色の苞葉をつける。苞葉は三角状の卵形。
オゼミズギク 7月下旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原)花の色黄色
オゼノサワトンボ 7月下旬〜8月中旬 日当たりの良い湿原に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 淡黄 緑色 草丈30〜40cm(ラン科) オオミズトンボより花が小さく花の形が顔に見えるなど,よくみると面白い形をしている。
オタカラコウ 7月下旬〜8月中旬 湿地に生える大形草本(尾瀬ヶ原) 花の色 黄色 (キク科) 茎の上部に黄色の頭状花を互生する。
オニシオガマ 8月上旬〜8月下旬 (至仏山) 花の色 淡紫 (ゴマノハグサ科)
オニシモツケ 7月下旬〜8月中旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 白(バラ科) 葉は大きな手のひら形で白色の花は小さくて密集して咲く。

尾瀬の花 (カ〜ソ)

植物名 花期 説明
カキツバタ 6月下旬〜7月下旬 水湿地に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 濃紫色 草丈 30〜90cm(アヤメ科) 花の汁をこすりつけて布を染めたことから”書き付け花”それがなまってカキツバタ。外花皮のもとに白い斑紋があるのが特徴
カキラン 7月下旬〜8月中旬 湿原に生育する。(尾瀬ヶ原) 花の色 黄褐色 草丈 30〜60cm (ラン科)花の色がカキの実の色に似ているところから命名。茎の下部は紫色をしている。3分の1より上部に2列に互生した5〜7の葉を付ける。
キクザキイチゲ 5月下旬〜6月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 淡紫 (キンポウゲ科) 春の気配をいち早く知って、茎に1輪の花を咲かせます。
キヌガサソウ 6月上旬〜7月上旬 林のふちの渓流ぞいや林床に生える(尾瀬沼) 花の色 黄白色 草丈30〜80cm(ユリ科)放射状の花や葉の形状を花笠に見立てて衣笠草と命名。茎の上に7〜10枚の大きな葉を輪生しその上に花を1つ付ける
キバナイカリソウ 7月中旬〜8月下旬 山地の岩場、林のふちなどに生える(至仏山) 花の色 淡黄色 草丈20〜40cm(メギ科)花は錨形をしている。葉の下面に微毛がありふちにはとげ状の毛がある。
キバナノコバノツメ 6月下旬〜7月下旬 高山の草地や岩場に生えている。(至仏山)花の色 黄色 草丈15〜35cm(スミレ科)黄色い花を付け葉の形が馬のひづめに似ていることから命名。花は1本の茎に1〜2個、葉のつけ根につく。
ギョウジャニンニク 6月下旬〜7月下旬 拠水林の下などに群生(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 白 (ユリ科)修行中の行者が食べて精力をつけたことから命名。ニンニクのようなにおいがする。
キンコウカ 7月中旬〜8月上旬 草原の湿地や渓流沿いの岩の上などにはえる。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 鮮黄色 草丈20〜30cm (ユリ科)黄金色にかがやく花の彩りから命名。総状花序をしている。
ギンリョウソウ 7月下旬〜8月下旬 山地の落葉の多い木陰に生える。(尾瀬沼) 花の色 白 (イチヤクソウ科) 茎も葉も花も白色をしているのが特徴。
キンロバイ 6月上旬〜7月下旬 高山帯の岩礫地に生える。(至仏山) 花の色 鮮黄色 木の高さ 約1m (バラ科) 落葉低木で枝がよく分布する。枝先に1〜3個の梅に似た花をつける。
クガイソウ 8月上旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 紫 (ゴマノハグサ科)葉は輪生で茎のいただきに総状花序の紫の花をつける。
クルマユリ 7月中旬〜8月下旬 亜高山の草地に生える。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 黄赤色 草丈70〜100cm (ユリ科)茎の中ごろに5〜15枚の葉が輪生し、その上に小さな葉が数枚互生している。
クロバナロウゲ 7月中旬〜8月下旬 湿原に生える。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 黒紫 草丈 30〜60cm(バラ科) 葉は奇数羽状複葉で小葉の数は3〜7枚。茎の上部に数個の花をつける。
コオニユリ 6月下旬〜8月中旬 日なたの適湿な草原に生える。(尾瀬ヶ原) 花の色 赤橙色 草丈1〜1.5m(ユリ科) 花は小形で花皮がそりかえっている。
コケモモ 7月中旬〜8月中旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 紅 (ツツジ科)7月ごろ枝の先に紅色をおびた白色の花をつけ8月には果実は紅色になる。
ゴゼンタチバナ 7月上旬〜7月下旬 高山の林の下などに生える(尾瀬沼) 花の色 白 草丈12cm内外 (ミズキ科) 茎の上部に6枚の葉を輪生する。そのいただきに白い花をひとつつける。
コタヌキモ 7月下旬〜8月下旬 湿原の浅いところに生える(尾瀬ヶ原) 花の色 黄色 (タヌキモ科) 食中植物である。
コバイケイソウ 6月下旬〜7月下旬 日のあたりの良い湿性草原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 白 草丈50〜100cm(ユリ科)コバイケイソウは葉裏の脈上に突起をもっているウラゲコバイケイソウです。根茎は有毒です。
コバギボウシ 7月上旬〜8月中旬 日のあたりの良い湿地に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼)花の色紫(ユリ科)
コマクサ 7月中旬〜8月上旬 (燧ケ岳)花の色紅紫(ケシ科) 葉は細かく裂けていて花は紅紫色で美しく、高山植物の女王といわれている。
コヨウラクツツジ 6月中旬〜7月中旬 林の下に育つ落葉低木(尾瀬ヶ原) 花の色 黄赤(ツツジ科 )枝先につぼ状の花を3〜5個つける。あまり目立たないツツジ。
サギスゲ 6月中旬〜8月上旬 日当たりの良い湿原に生える。(尾瀬ヶ原) 花の色 白 草丈30〜50cm(カヤツリグサ科) 茎のいただきの小穂は開花時にはあまり目に付かないが果実期には柄がのびてはっきりする。
ザゼンソウ 5月中旬〜6月下旬 水湿地に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 淡紫色 草丈30〜40cm(サトイモ科) 黒紫色の衣を着て座禅をしているお坊さんの姿を思わせることから命名。葉が開く前に花をつける点がミズバショウと違う。
サラシナショウマ 8月上旬〜8月下旬 木の下などに生える(尾瀬ヶ原) 花の色 白 (キンポウゲ科) 長い花茎を伸ばして白い花を多数,密につけます。
サワギキョウ 8月上旬〜9月上旬 過湿草原を好む(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 紫色 草丈50〜100cm(キキョウ科) 葉は葉柄がなく茎から互生する。茎の上部に5列した紫色の花を総状につける。
サワラン 6月上旬〜7月中旬 山地の湿原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 紅紫 (ラン科) トキソウによく似ているが花は全開しないで横向きにさく。葉の幅はトキソウよりせまくてながい。
サンカヨウ 5月中旬〜6月下旬 林のふち,森林の下などに生える(尾瀬ヶ原周辺) 花の色 白色 草丈 30〜60cm(メギ科) 大きな葉を広げ3〜10個ぐらいの白い花をつける。
シナノキンバイ 7月上旬〜7月下旬 高山の湿地に分布(尾瀬沼周辺・至仏山) 花の色 黄金色 草丈20〜80cm (キンポウゲ科) 花弁は綿状で濃い橙色をしている。花弁は非常に小さく,おしべの外側にあっておしべより短くて目立たない。
シブツアサツキ 7月上旬〜8月中旬 高山の岩礫地および周辺の草地に生える。(至仏山) 花の色 赤紫色 草丈30cm内外(ユリ科) 茎の先の散形花序は径2.5cmくらいの球形である。葉の幅は1.5〜3mm。
シャクジョウソウ 7月上旬〜8月中旬 山地の暗い林内に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 淡黄白色 草丈10〜20cm (イチヤクソウ科) 全形をお坊さんや修験者のもつ錫杖に見たてて命名。 暗い木陰に生える腐生植物。
ジャコウソウ 7月中旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 淡紫(シソ科) 葉は対生で上部の葉のわきから1〜3個の花をつける。
ショウキラン 6月下旬〜7月下旬 木陰やササの根元に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 淡紫 茎の高さ10〜25cm(ラン科) 葉が退化して鱗片状になった無葉ランで登山道端のササの根元、木陰にあるため見つけにくい植物である。
ジョウシュウアズマギク 7月上旬〜7月下旬 高山帯の草地や岩礫地にはえる(至仏山上部) 花の色 紅紫色 草丈15cm内外(キク科) 茎のいただきに、ひとつの頭花をつける。
ジョウシュウオニアザミ 7月中旬〜8月下旬 岩場の草地に生えている(尾瀬ヶ原) 花の色 紅紫色 草丈1m内外(キク科) 大きな頭花を1個あるいは2〜4個、頭を下げるようにつけます。茎には白色の軟毛が密生していて茎葉には長いとげがあります。
ショウジョウバカマ 5月中旬〜6月下旬 尾瀬各所の湿ったところに生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 淡紅草丈 10〜30cm(ユリ科) 花を能楽の[猩々](しょうじょう)の赤い頭の毛にたとえ下の根生葉を袴に見たて命名。多湿のところに好んで生える。
シラネアオイ 5月中旬〜6月下旬 林のふちや木の下の陰地に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 淡紫 草丈15〜30cm(シラネアオイ科)日光の白根山付近に多くタチアオイに似ていることから命名。花には花弁がない。日本特産種
ズダヤクシュ 6月中旬〜7月下旬 亜高山帯の樹林の湿ったところに生える(尾瀬ヶ原) 花の色 白 草丈10〜30cm(ユキノシタ科) この植物が喘息(長野県ではズダという)にきくことから(喘息薬種)と名づけられた。
スミレサイシン 5月下旬〜6月下旬 山地の木陰などに生育(尾瀬ヶ原) 花の色 淡紫 草丈20〜30cm(スミレ科) 葉の形がウスバサイシンに似ていることからこの名がつく
ソバナ 8月上旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 紫 (キキョウ科) 林のふちに沿ってキキョウに似た紫色の綺麗な花をたれる。葉は互生で茎の上部に長さ2〜3cmくらいの鐘形の花をつける。

尾瀬の花 (タ〜ノ)

植物名 花期 説明
タカネバラ 7月上旬〜7月下旬 高山の日当たりの良い岩礫地に生える(至仏山) 花の色紅紫 木の高さ約1m(バラ科) 枝先に一花をつける。小葉は3〜4対。葉は楕円径で両端ともまるいものが多い。
タカネシオガマ 7月中旬〜8月中旬 高山の砂礫地に生える一年草(至仏山頂付近) 花の色 濃紅紫 草丈 5〜15cm(ゴマノハグサ科)花は茎の先に短い総状花序となってつく。4個ずつ輪生する花を数層につける。
タカネトウウチソウ 8月中旬〜8月下旬 高山帯の草地に分布(至仏山) 花の色 緑白 草丈 40〜80cm(バラ科) 花穂は下のほうから上方に咲いていく。花弁はなく、花びらのように見えるのは萼です。
タカネナデシコ 7月中旬〜8月下旬 高山帯の石礫地に生える。(至仏山) 花の色 濃紅 草丈 20cm(ナデシコ科) 葉は対生で1〜2輪の花をつける。花弁のふちは深く細かく切りこんでいる。
タケシマラン 6月中旬〜7月下旬 木の下に生えいる(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 淡紅 (ユリ科) 茎は2又にわかれ葉には竹状のすじがある。実は熟すと赤くなるが黒く熟すものをクロノミタケシマランという
タチカメバソウ 6月中旬〜7月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 淡青紫色または白 (ムラサキ科)葉がカメの甲羅状をしている。
タテヤマリンドウ 5月下旬〜7月上旬 尾瀬広範囲に生える(尾瀬ヶ原・沼・アヤメ平) 花の色 淡紫 草丈 10cm(リンドウ科) 北アルプスの立山に多いところから付けられた名。花は天気の良い日だけ開き夕方は閉じる。
タムシバ 5月中旬〜6月下旬 山地に生える落葉の小高木(尾瀬ヶ原) 花の色 白 木の高さ 5〜10m(モクレン科) 葉をかむと甘いところから噛柴,それがなまりタムシバとなる。 葉は卵形で先が急にするどくとがっている。
タムラソウ 7月中旬〜8月中旬 山地草原に生える花の色(紅紫)(キク科)
チシマザクラ 6月上旬〜7月上旬 亜高山帯に生える落葉の小高木(尾瀬ヶ原)花の色淡紅(バラ科)
チョウジギク 7月下旬〜8月下旬 山地の水湿地に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 黄色 草丈 30〜45cm(キク科)葉は葉柄がなく対生するが上部は互生葉になる。白い毛を密生した花柄が長く伸びるのが特徴。
チングルマ 6月上旬〜7月上旬 高山帯の日のあたりの良いところに生える(尾瀬ヶ原) 花の色 白(バラ科) 小形の落葉低木で低く横に広がりこんもりした群落をつくる。
ツバメオモト 6月下旬〜7月下旬 針葉樹林の下に生える(尾瀬ヶ原) 花の色 白 (ユリ科)根元から大きな楕円形の葉を2〜5枚伸ばし花茎のいただきに1個〜数個の白い花をつける。実は熟すと濃い藍色になる。
ツリガネニンジン 7月下旬〜8月下旬 (尾瀬ヶ原)花の色 青紫 (キキョウ科) 葉は輪生。花も茎の上部に輪生し,小さいつり鐘形をした花をたくさんつける。
ツルコケモモ 6月下旬〜7月下旬 高山のミズゴケ湿原に生えている低木(尾瀬ヶ原 )花の色 淡紅色 木の高さ 20cm内外(ツツジ科)常緑の小低木で高層湿原のミズゴケ中に生えている。針金状の茎に小さい葉を互生する。
ツルニンジン 7月上旬〜7月下旬 (尾瀬ヶ原 )花の色 緑黄色 草丈 約2m(キキョウ科)つる性植物である。夏、径3cmくらいの鐘形をした淡い緑黄色の花をつける。
テングクワガタ 7月上旬〜7月下旬 亜高山帯の湿地に生える。(尾瀬ヶ原) 花の色白 草丈1 0〜50cm(ゴマノハクサ科)
トウヤクリンドウ 7月下旬〜8月中旬 高山の砂礫地に生える(燧ケ岳) 花の色 淡黄色 草丈 10〜20cm(リンドウ科) 当薬竜胆(トウヤクリンドウ)とは、薬になるという意。花は淡黄色で緑色の小さい斑点がある。草丈に比べて花が大きい。
トガクシショウマ 5月下旬〜6月中旬 (燧ケ岳)花の色淡紫
トキソウ 6月下旬〜7月下旬 日のあたりの良い湿地に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色 紅紫 草丈 15〜20cm(ラン科) 花の下部に葉のような2〜4cmくらいの包葉がある。サワランと区別がつきにくいがサワランにはこれがない。
ドクゼリ 8月上旬〜8月下旬 過湿湿原の植物で湿原の小さな流れ付近に生える(尾瀬ヶ原)花の色白(セリ科) 名前のとおり有毒である。
トモエシオガマ 7月中旬〜8月中旬 (尾瀬ヶ原)花の色淡紫(ゴマノハグサ科) タカネシオガマの近似種
ナガバノモウセンゴケ 7月上旬〜8月中旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 白 草丈 10〜25cm(モウセンゴケ科)葉は長い柄のついたヘラ形で先はまるくなっている。尾瀬と北海道と鳥海山にのみ生えている貴重な植物。
ナツトウダイ 7月上旬〜7月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色 濃紫 (トウダイグサ科) 目立たない花をつけます。有毒植物です。
ナナカマド 7月中旬〜8月上旬 ふつうにみられる落葉小高木である。(尾瀬ヶ原) 花の色 白(バラ科) 7回かまどに入れて燃やしても、まだ燃え残るということから命名。枝先に白い5弁の花を多数つける。
ニッコウキスゲ 6月下旬〜8月中旬 湿原や山地草原に群生する。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色 濃橙黄色 草丈 0〜70cm(ユリ科) 単子葉植物の花は萼片、花弁、おしべ、心皮の数が3又は3の倍数になっているのが特徴。
ノビネチドリ 6月下旬〜7月下旬 (尾瀬ヶ原)花の色淡紅紫色(ラン科)葉のふちが波状にちぢれている。花は密集して総状につく。ハクサンチドリに似ている。
ノリウツギ 7月中旬〜8月中旬 (樹林帯) 花の色 白 (ユキノシタ科) 夏ごろ枝先に、飾り花と多数の細かい両性花をつける。

尾瀬の花 (ハ〜ワ)

植物名 花期 説明
バイケイソウ 7月上旬〜7月下旬 疎林の下の湿ったところに生える(尾瀬沼付近) 花の色緑白色 草丈1〜1.5m(ユリ科) 花が白梅に似ていることから付けられた名前 葉は広い楕円形で先は短くとがっている
ハクサンイチゲ 7月中旬〜8月下旬 高山の草地に分布(至仏山) 花の色白色 草丈15〜20cm (キンポウゲ科)花茎の上に数個の白い花をつけ花弁は無し 葉は掌状で、3〜5出複葉
ハクサンチドリ 6月下旬〜7月下旬 高山の草地,湿原に生える(尾瀬沼周辺・尾瀬ヶ原・至仏山) 花の色赤紫 草丈20〜35cm(ラン科)花の形が飛ぶ鳥に似ていることから命名。細長い葉をまばらにつけ花は十数個が総状につく
ハクサンフウロ 7月中旬〜8月中旬 高山帯の草原や岩場周辺(至仏山・燧ケ岳・アヤメ平) 花の色赤紫 草丈20〜40cm(フウロソウ科)掌状に裂けた葉は大きく表面には毛がある。花の萼片にも短い毛が生える
ハンゴウソウ 7月中旬〜8月下旬 茎上部に多数の黄花を密集 花の色黄色 草丈1〜2m(キク科)
ヒオウギアヤメ 6月中旬〜7月中旬 湿原に生える(山ノ鼻・尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺)花の色青紫 草丈40〜80cm(アヤメ科)花がアヤメに似、葉が扇状に広がっていることから付けられた名前 花茎がよく分枝しているのが特徴
ヒツジグサ 7月上旬〜8月上旬 池や沼に生える多年生の水草(尾瀬ヶ原の池塘・尾瀬沼) 花の色白 花の径約5cm(スイレン科) 未の刻(午後2時ごろ)に開花することから付けられた名前。寿命は3日くらい
ヒメイチゲ 5月下旬〜6月下旬 三出複葉の葉が輪生し白色の小さな花を1個つけます(尾瀬ヶ原)花の色白
ヒメシャクナゲ 6月中旬〜7月下旬 白砂田代などのミズゴケ湿原に生える(尾瀬沼・尾瀬ヶ原) 花の色淡紅色 木の高さ10〜20cm(ツツジ科)丈は低いが木である。常緑の小さい葉が互生していて、つぼ状の花を下向きにつける
ホソバヒナウスユキソウ 7月中旬〜8月中旬 蛇紋岩地帯特産の植物である(至仏山)花の色灰白色 草丈5〜12cm(キク科) 葉の幅が1〜1.5mmの線形で、白い綿毛でおおわれている(エーデルワイスのおともだち)
ホロムイソウ 6月上旬〜6月下旬 尾瀬の湿原の各所に生える(尾瀬ヶ原)花の色黄緑色 草丈 10〜30cm(ホロムイソウ科) 堀正太郎博士が発見したところから,命名細長い半円形に茎を巻いた数枚の葉が互生し小さい花を数個つける
マイヅルソウ 6月中旬〜7月下旬 木の下に生えている(尾瀬ヶ原)花の色白(ユリ科) 葉の脈の曲がり方を鶴が羽根を広げた形にみたててつけられた名前 実は熟すと赤色になる
マルバダケブキ 7月中旬〜8月下旬 肥沃な山地の草原や林の下に生える(尾瀬ヶ原)花の色黄色 草丈40〜120cm(キク科) 下葉は長さ30cm幅38cm内外の腎円形で長い柄がある。頭花は10個内外の大きな舌状花のあつまり
ミズバショウ 5月中旬〜7月上旬 湿原フチや湿原を流れる川すじ、泥湿地などに生える(尾瀬ヶ原)花の色淡緑色(サトイモ科)バショウの葉に似ていることから命名 棒状の花茎にたくさんの小さな花が密集。黄色い部分は花粉を入れる袋
ミゾホオズキ 7月上旬〜7月下旬 亜高山帯の湿地や渓流のふちに生えている(尾瀬沼周辺) 花の色 黄色 (ゴマノハグサ科) 葉は対生で柄がなく上部ほど大きくなります。花は純黄色で1個。
ミツガシワ 6月上旬〜7月下旬 沼や池、湿原の水辺などに生える(尾瀬沼・尾瀬ヶ原花の色草丈20〜40cm (リンドウ科)葉の形が”三つ柏”の紋に似ていることから命名 水中に生え地下茎は水底を走り水面上は3枚の葉をつけた茎を伸
ミネウスユキソウ 7月中旬〜8月下旬 高天ヶ原付近に見られる(至仏山 )花の色灰白色 草丈約10cm(キク科) 密に群がって生え灰白色の花をつけた姿は愛らしい。全体的にウスユキソウより小形
ミネズオウ 7月中旬〜8月下旬 砂礫地に生える(至仏山) 花の色紅紫 草丈10〜15cm(ツツジ科) 葉を密に対生して枝先に花を数個つける
ミヤマアキノキリンソウ 7月中旬〜8月下旬 高山の草原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼・燧ケ岳・至仏山)花の色黄色草丈15〜60cm(キク科) 総苞片は3列で頭花は枝の先に密集。秋の色濃い草原を黄色に彩る花である。
ミヤマウイキョウ 7月中旬〜8月下旬 高山帯の岩場に生える(至仏山)花の色白 草丈10〜30cm (セリ科) 葉は1〜4回の三出羽状複葉で裂片が極めて細く糸状をしている
ミヤマエンレイソウ 6月下旬〜7月下旬 (尾瀬沼) 花の色 淡白 (ユリ科) 外花被片が緑色、内花被片が白色をしている。内花被片が淡紫色のものをムラサキエンレイソウという。
ミヤマダイモンジソウ 7月中旬〜8月中旬 高山の陰湿地や岩場に生える(至仏山・燧ケ岳) 花の色白 草丈15cm内外(ユキノシタ科) 花は”大”の字堅の弁花。ダイモンジソウの高山タイプとして区別される。
ムシカリ(オオカメノキ) 5月下旬〜6月下旬 高原に生える落葉低木(尾瀬ヶ原) 花の色 白 (スイカズラ科)葉のひらきはじめるころ白い花をつける。
ムラサキヤシオツツジ 6月中旬〜7月上旬 (三平峠 )花の色紅紫 (ツツジ科)花が咲いてから葉が開く。ミヤマツツジともいう。
モウセンゴケ 7月上旬〜7月下旬 日当たりの良い酸性の湿地を好む。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺) 花の色白 草丈6〜20cm(モウセンゴケ科)食中植物。葉はしゃもじ形で紅紫色の腺毛がある。虫がとまると粘着し動けなくなる。
ヤチヤナギ 5月中旬〜6月下旬 日本北部の低湿地に分布。(尾瀬ヶ原) 花の色紅色 木の高さ30〜60cm(ヤマモモ科)谷地に生えヤナギに似ていることから命名。小低木で一見ヤナギに似ているが仲間ではない。
ヤナギトラノオ 7月中旬〜8月下旬 寒冷地の湿原にまれに見られる貴重な植物(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) 花の色黄色(サクラソウ科) 細長い葉がヤナギの葉に,花穂がトラの尾に似ていることから命名。
ヤナギラン 7月中旬〜8月下旬 日当たりの良い高原の草地に生える(尾瀬沼周辺) 花の色紅紫 草丈1〜1.5m(アカバナ科)花が美しく葉の形がヤナギに似ていることから命名。草原に咲き開花後、白い毛に覆われた種子を飛散。
ヤマオダマキ 8月上旬〜9月中旬 山地の草地に生える多年草。(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺)花の色 淡黄 (キンポウゲ科) 花は花弁が淡黄色、萼片は褐紫色をしている。
ヤマトリカブト 8月中旬〜9月下旬 林のふち、林の中、草原などに生える(尾瀬ヶ原) 花の色青紫 草丈 80〜150cm (キンポウゲ科 ) 毒性が強いので触らないように注意。この属の植物は見分けがつきにくく種の決定は難しい。
ヤマブキショウマ 6月中旬〜8月下旬 産地に多く見られる(尾瀬ヶ原) 花の色黄白色 (バラ科)葉がヤマブキによく似ている。
ヨツバシオガマ 7月上旬〜7月下旬 高山の砂礫地に生える(至仏山) 花の色淡桃( ゴマノハグサ科)
ヨツバヒヨドリ 8月中旬〜9月下旬 (尾瀬ヶ原) 花の色淡紫 (キク科) 葉は輪生で茎上部はよく分枝し淡紫色の管状花を多数つける。
リュウキンカ 5月中旬〜6月下旬 湿原の水の流れに沿った所や木道沿いの湿地などに群落をつくる(尾瀬ヶ原・尾瀬沼)花の色黄色草丈30〜60cm(キンポウゲ科)花をつけた姿と花の色から立金花と名。まっすぐ立った茎に2〜3輪の花をつける
レンゲツツジ 6月中旬〜7月中旬 湿原に生える(尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺)花の色朱紅色 (ツツジ科) 葉の裏の白いものをウラジロレンゲツツジという
ワタスゲ 5月中旬〜6月下旬 日のあたりの良い湿原に群生(尾瀬ヶ原)花の色黄 草丈30〜40cm(カヤツリグサ科) 多数の株が集まって群落をつくる。茎のてっぺんに、ひとつの小穂(穂のように咲いた花)をつける。葉は短い。