尾瀬の花々

ザゼンソウ
ザゼンソウ
ミズバショウ
ミズバショウ
トガクシショウマ
トガクシショウマ
キヌガサソウ
キヌガサソウ
トキソウ
トキソウ
カキツバタ
カキツバタ
ミズギボウシ
ミズギボウシ
キンコウカ
キンコウカ
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
ハクサンチドリ
ハクサンチドリ
ナガバノモウセンゴケ
ナガバノ
モウセンゴケ
チングルマ
チングルマ
オゼソウ
オゼソウ
ホソバヒナウスユキソウ
ホソバヒナ
ウスユキソウ
ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
リュウキンカ
リュウキンカ
ワタスゲ
ワタスゲ
シラネアオイ
シラネアオイ
ヒメシャクナゲ
ヒメシャクナゲ
サワラン
サワラン
レンゲツツジ
レンゲツツジ
ヒオウギアヤメ
ヒオウギアヤメ
オゼミズギク
オゼミズギク
タカネナデシコ
タカネナデシコ
サワギキョウ
サワギキョウ

 


戻る
ザゼンソウ
座禅草 サトイモ科

花期 5月〜6月
別名 達磨草(ダルマソウ)
色  淡録色 紫褐色のものは仏焔苞(ブツエンホウ)
語源 黒紫色の衣を着て座禅をしているお坊さんの姿を思わせると   ころから、座禅草と名づけられました。


戻る
ミズバショウ
水芭蕉 サトイモ科

花期 5月〜6月
色  黄色・白色のものは仏焔苞(ブツエンホウ)
語源 葉が大きくて芭蕉の葉に似ているところから名付けられまし   た。


戻る
トガクシショウマ
戸隠升馬 メギ科

花期 5月〜6月
別名 トガクシソウ
色  淡い紅紫色
語源 長野県戸隠山で発見されたことから名付けられました。


戻る
キヌガサソウ
衣笠草 ユリ科

花期 6月〜7月
色  白から淡い緑色
語源 放射状の花や葉を、花笠に見立てて、衣笠草、花笠草と名付   けられました。


戻る
トキソウ
鴇草 ラン科

花期 6月〜7月
色  淡い紅色

語源 花の色が鳥の”トキ”に似ていることから名付けられまし   た。


戻る
カキツバタ
杜若 アヤメ科

花期 6月〜7月
色  青紫色
語源 花の汁をこすりつけて布を染めたところから、”書き付け   花”とよばれていて、それがなまってカキツバタと発音され   るようになりました。


戻る
ミズギボウシ
水擬宝珠 ユリ科

花期 7月〜8月
色  淡い青紫色
語源 葉やつぼみが擬宝珠(橋の欄干についている飾り)に似てい   ることから名付けられました。


戻る
キンコウカ
金光花 ユリ科

花期 7月〜8月
色  黄色
語源 黄金色に輝く花のいろどりから、キンコウカと名付けられま   した。


戻る
ニッコウキスゲ
日光黄菅 ユリ科

花期 7月
別名 ゼンテイカ(禅庭花)
色  橙黄色
語源 日光に咲く黄色い菅の花の意味です。


戻る
ハクサンチドリ
白山千鳥 ラン科

花期 6月〜7月
色  淡い紅紫色
語源 石川県の白山にはえていて、花の形が飛ぶ鳥に似ているとこ   ろから名付けられました。


戻る

ナガバノモウセンゴゲ
長葉の毛氈苔 モウセンゴケ科

花期 7月〜8月
説明 葉の表面に粘液を出す腺毛があり、虫を捕まえる食虫植物。


戻る
チングルマ
バラ科

花期 6月〜7月
別名 イワグルマ
色  黄白色
語源 白い毛をつけた果実が風にゆれているさまが、子供の玩具の   風車に似ているところから、チゴクルマ(稚児車)の名がつ   きそれがなまってチングルマとなりました。


戻る
オゼソウ
尾瀬草 ユリ科

花期 7月〜8月
花  白味を帯びた黄緑色
語源 尾瀬で昭和4年に発見された植物です。


戻る
ホソバヒナウスユキソウ
細葉雛薄雪草 キク科

花期 7月〜8月
色  灰褐色
語源 至仏山周辺の蛇紋岩地帯特産の植物で、葉に薄く雪が積もっ   たように見えることから名付けられました。


戻る
ヤマトリカブト
山鳥兜 キンポウゲ科

花期 8月〜9月
色  青紫色
語源 鳥兜とは舞楽で用いる鳳凰の頭をかたどった兜で、この花に   よく似ていることから名付けられました。


戻る
リュウキンカ
立金花キンポウゲ科

花期 5月〜6月
色  黄色
語源 花の姿と色から名付けられました。


戻る
ワタスゲ(実)
綿萱 カヤツリグサ科

花期 5月〜6月
別名 スズメノケヤリ
色  ワタスゲの花は白色をしており葯(ヤク)は黄色
語源 花が終わるとワタスゲの小穂は、白い綿毛(6月   〜7月)に変わります。


戻る
シラネアオイ
白根葵 シラネアオイ科

花期 6月
色  淡紫色 花びら状のものは蕚(ガク)
語源 栃木県日光の白根山付近に多く、タチアオイに似   ていることから名付けられました。


戻る
ヒメシャクナゲ
姫石楠花ツツジ科

花期 6月〜7月
色  淡いピンク色
語源 姫は小さなものという意味です。


戻る
サワラン
沢蘭 ラン科

別名 アサヒラン
花期 6月〜7月
色  やや濃いピンク色
語源 湿原に生えることにより名付いた。別名は花の色   が朝日に似ていることから付いたという説もあり   ます。


戻る
レンゲツツジ
蓮華躑躅 ツツジ科

花期 6月〜7月
色  朱橙色(赤いだいだい色)
語源 羊がつつじを食べて足踏み(躑躅 テキチョク)をして   死んでしまったことから名付けられたという説も   あります。


戻る
ヒオウギアヤメ
檜扇文目(檜扇菖蒲) アヤメ科

花期 6月〜7月
色  紫色
語源 花に文目模様がつき、花がアヤメに似ていて葉が   扇状に広がっていることから名付けられました。 


戻る
オゼミズギク 尾瀬水菊 キク科

花期 8月
花  黄色

語源 尾瀬水菊は水菊の変種で、水菊は湿地に咲くキク   と言う意味です。


戻る
タカネナデシコ
高嶺撫子 ナデシコ科

花期 7月〜8月
色  やや紫色を帯びたピンク色
語源 撫でる子の意味で、花が大変可愛らしいので名付   けられました。


戻る
サワギキョウ
沢桔梗 キキョウ科

花期 8月
色  濃い紫色
語源 湿地帯によく咲くことから名付けられました。