龍 宮 八 景
龍宮小屋 施設のご案内 龍宮八景 龍宮旅館 施設のご案内 周辺の観光
ご予約は 料金表 尾瀬に来るには 服装・装備 尾瀬の気温 尾瀬の地図
小屋主のひとり言 尾瀬の四季 尾瀬の花 尾瀬情報リンク 龍宮小屋画像掲示板 リ ン ク
Home(戻る)

  
A白 い 虹
@水芭蕉の群落

  龍宮小屋近くの水が湿原に溢れるところには、
  毎年ミズバショウの大きな群落ができる。
  背景には、残雪の至仏山が横たわる。


A白い虹

  尾瀬の朝霧は、晴天を約束する吉兆。その霧が
  うすれる頃、太陽を背にした空を注意深く見ると
  白い虹を見ることができる。


C皮 籠 岩
Bレンゲツツジの群落

  
龍宮小屋の前から沼尻川の拠水林に沿ってレ
  ンゲツツジが多い。7月初め、ソノ花の緋色が
  ヤマドリゼンマイの緑に映 える。


C皮籠岩

  龍宮小屋の前にある大きな岩。皮籠岩で尾瀬
  大納言のよろいかぶとを入れたという伝説が
  ある。


E沼 尻 川
D龍宮

  長沢の水が渦を巻きながら湿原に消える。
  そんな水の行く末に龍宮を見たというのが
  名の起こり龍宮の名もこれにちなんだもの。


E沼尻川

  尾瀬沼から流れ下った水は、尾瀬ヶ原を複雑に
  蛇行してヨッピ川と合流、只見川となる。拠水林
  の発達もすばらしい尾瀬の母なる川。


F寺 ヶ 崎
F寺ヶ崎

  尾瀬ヶ原に半島のような突き出た尾根、昔、
  寺があったという言い伝えがあるが、こん跡
  はない。裾を彩る紅葉が美しい。


Gホタル

  7月の夜には、平家ボタルの乱舞が見られる。
  日和によって龍宮小屋の前でも見られます。


Home(戻る)